最近よく「肌綺麗だね」と言われる。
そう言われると実はとても嬉しい。
なにをほめられるより一番嬉しいかもしれない。
なぜなら僕は昔、ひどいニキビで悩まされていたからだ。
小学校高学年の頃からほっぺや、おでこ、にぽつぽつでき始め、中学生になると熱を持った大きなニキビが顔中にできた。
友だちに「かわいそうに」と本気で同情されて、馬鹿にされるより傷ついた思い出がある。
毎日、家でも、どこか一人きりになれる場所でならいつもポケットに忍ばせておいた鏡を見て自分の顔を確認して一喜一憂していた。
「この角度からだと目立たない」とか「さっき右隣に座った女子にはこの大きなニキビ見られていたんだな……」とかいつも考えていた。
考えすぎて、ニキビが顔のどの箇所にできたらクレーターになるか百発百中わかるようにまでなっていた。
そんな僕が、最近「肌綺麗だね」と言われるようになったのだ。
これは嬉しいに決まっている。
飛び跳ねたいほどだ。
その当時、本当に気が狂いそうになって家では毎日ネットで「ニキビの原因」とか「治療法」とか検索しまくっていた。
お小遣いは、ほぼニキビケアにあてたとと言っても過言ではない。
そんなニキビのエキスパートである僕がいろいろ試して「ニキビケアはこれだ!」という方法を伝授いたします。
「グリックソープ」というピーリング石鹸を泡立てネットを使って充分に泡立てたあと、手でごしごしするのではなく、顔の方を動かして洗顔し(泡をきれいに流してください)清潔なタオルで顔を押しぶきして化粧水(無添加、無香料のもの)をたっぷりなじませ、そのあと美容液VCローション(皮膚科で売っています。
市販の物より安いです)をたっぷり塗ります。
そのあと、「タラシンTゲル」というジェルをニキビに直接ちょこんとのせていました。
あとは充分な睡眠です。
にきびは丁寧なケアで絶対治ります!頑張りましょう。

男性用化粧品などがコマーシャルでも流れるようになってきましたが、「スキンケアは女の人がするもの」と思い込んでいる男性はまだまだ多いように思います。私の夫もそんな男性の1人です。

夫はもともとアトピー持ちで、肌質はどちらかといえば乾燥肌で敏感肌寄りです。たまに洗い物をしてくれたりするとそれだけで手がカサカサになってしまうほどで、女に生まれていたらさぞ苦労するんだろうなというタイプ。そんなカサカサになりやすい夫ですが、その後のケアにはとんと無頓着で、ハンドクリームはベタベタするから嫌い、化粧水は手を洗うとすぐに落ちてしまうから意味ないじゃんと放っておくことが多いです。旗から見て手の皺が白くみえるほど乾燥している時には、夜寝る前に私が使っている夜専用の集中ケア型ハンドクリームを塗ることがあります。

入浴に関してもアトピー部分は気にして丁寧にかつ念入りに洗っているようですが、お風呂上りはやっぱり放置なので、体調が悪い時や仕事が忙しい時期が続くとどんどん荒れてしまいます。毎日薬を塗らないといけないほど酷いアトピーではなく、保湿ケアをしっかりしていれば体調が悪い時期でも悪化することはまずないのです。こちらもあまりにアトピー部分がささくれだってくると私が化粧水、クリームと塗りたくっています。

夫本人もアトピーや洗い物後の手のカサカサは気にしているのですが、いかんせん自分でどうこうしようと思っていないようです。見かねてこちらがケアすると、翌日「今日はカサカサしてない」とか「アトピーが痒くない」とご機嫌だったりします。自分では面倒なのか、まあいいかでなあなあになっているのか、ケアをすればその分肌が応えてくれるのは身を持って分かっているはずなのにやりません。保湿に使うジェルは男性用のもので、アトピー部分のカサカサが酷い場合は水分誘導効果の高い尿素配合のクリームも併用しています。本当は自分でケアしてほしいですが、私の好きなようにさせてくれるのでついつい甘やかしてしまいます。
おすすめのメンズスキンケアはバルクオムですね。

精力がつくサプリにマッシュルーム使って製造されているサプリがあります。
その名はシャンピニオンエキスというものです。通常は口臭や体臭予防として
使用するのですが、実際に私自身が使ってみましたところ、確かに口臭体臭という点
では効果が出ました。ところが、このほかにもプラスになることがもう一つありました
それは何かといいますと、元気になるんですね。精力的に元気になれるんです。
これは本当に新しい発見でした。ですからどうも最近げんきがないなあって感じた時に
寝る前に一粒から二粒飲んで寝ますと、やたらと朝方元気が出るんです。本当に不思議に思いました
それで、このシャンピニオンはたくさん飲んではいけないという規制はありませんから
自分の体調に合わせて飲んで行けばいいのです。最高のサプリメントです。
それと最近思ったことですが、ねぎがいいですね。うちの妻はよく青ネギをいろいろなものに
使うのですが、このねぎを毎日食べることはいいですが、飽きてしまうというこもあります。
それでこの前、久々に味噌汁の上に小刻みに切ったねぎがたっぷりと入ったものを食べたのですが
この日は本当に元気になりました。青物をたべると元気になるとよく聞くのですが、ほんとうに
そうなりました。ねぎ物はいいといいますが、青ネギは格別なような気がいたします
私が感じた最強のサプリと食べ物はこの二つです。
それともう一つあります。ポピュラーですが、にんにくもいいですね。たくさん食べなくても一粒食べるくらいが
一番元気になるような気がいたしますから、毎日の食事にはとてもいいと思います。ただ臭いがきついという人もいますが
最近ではにおわないものも出ています。ただ私的にはあの香りが元気の元模様な気がいたしております。
食品に限定しますと、こういった根ものがやはり効果を発揮すると思いました。他にも山芋とかもいいと聞いたりします。
もっと良いのは、クラチャイダムゴールドです。実際に飲んでいる知人は精力も旺盛です。きっとすごい成分が入っているのだと思います。

私は物心ついた時よりアレルギー性鼻炎に悩まされる日々を送っていました。
主な症状はくしゃみや鼻づまり鼻水などですが、私の場合は鼻づまりと鼻水がとくにひどかったです。
本格的に解消していこうと考えたのは中学生に入ったあたりからで、それまでは鼻が快適に通る感覚があまりわからないほどひどかったと思います。
なので常に口呼吸のようなもので、寝ているときもいつも口があいていると言われていました。
本当は完全に治療したく思いましたが、人によっては完治しづらいことや、金銭的な面も考えとりあえず少しでも緩和させていく方向で医師と話を進めました。
薬は飲み薬のほかに鼻腔に直接投与するものを使用していました。
それまでは市販薬を使用していたのですが、専門医に処方していただいたものはやはり効果がすぐに感じられました。
私は喘息ももっているのですが、年をとるにつれてアレルギー性鼻炎も喘息も症状が軽くなっていき、いつのまにか薬を使用しなければいけないほどひどいことはなくなりました。
しかし当然完治しているわけではないのでほこりっぽい部屋にはめっぽう弱いです。
掃除をするときはハウスダストが原因で鼻がつまることはしばしばあります。
なので常に部屋を清潔に保つこと、換気することは人一倍心がけています。
また、私は薬に頼らず簡単に予防できるものとして鼻うがいを長い間続けています。
食塩水をぬるま湯にとかして鼻の孔に片方ずつそそいですてるものですが、風邪の予防にもなりますし、すごく鼻通りが良くなります。
慣れるまではすこし痛かったり面倒に思いますが効果はすごく感じられます。
他に簡単なものでいうと単に鼻をあたためるだけでも通りがすごくよくなるので、すぐに快適になりたい場合はおすすめです。
ほかにクロレラを含むサプリメントの服用もしていたのですが、個人的にあまり効果は感じることができずにやめてしまいました。
また、私は愛煙者なのでそこもやめることができたら、と考えている次第です。

鼻づまり

私は、幼少期から花粉症などアレルギー性の鼻炎に悩まされていました。
私の経験上、シャワーや入浴中に比較的鼻の通りの良さを感じたことから温めるのが効果的だと考えました。
実際、メディアなどで温めることで緩和されることが取り上げられていました。
メカニズムとしては、鼻を温めることで鼻の粘膜の血行改善に繋がり鼻の通りがよくなるそうです。
また、鼻水や鼻づまりなどが改善されるツボがあることも知りました。
眉間の中央にある「印堂」というツボで、ここを数回指で指圧するといいそうです。
鼻の両脇にある「迎香」というツボも鼻の通りをよくしてくれるそうです。
このようなツボは誰でも短時間で自ら押すことが出来るので手軽な手段だと思います。
私が鼻のトラブルの解決方法を調べていて面白いと思ったものを紹介させていただきます。
先日テレビ番組で紹介されていたのですが、それは500mlペットボトルを鼻がつまっている側と反対側の脇に挟むというものです。
なぜそれで鼻づまりが解決されるかというと、体の側面を圧迫すると、その反対側の交感神経が刺激され、鼻づまりが改善されるからだそうです。
私の友人も同じく年中鼻炎に悩まされており、日々様々な方法を試しています。
ミント系のガムを噛んで鼻の通りをよくしたり鼻炎に効くエクササイズを試したりもしていると言っていました。
しかしながら、大事な式典や仕事中にティッシュを持ち歩くのは大変です。
一刻も早く鼻水を止めたいというとき私は大正製薬のパブロン鼻炎カプセルを使用します。
これは私の母に勧めらた物なのですが、学生の頃から鼻炎が酷いときなどに使用していてかなり助けられました。
他にも漢方や他の鼻炎薬もありますが中には眠くなる成分が含まれているので注意した方がいいかもしれません。
鼻炎は放っておくと頭痛など他の症状も出てくる場合があるので鼻炎に悩まされている方は自分に合った解決方法や手段を持っておくことが大切だと思います。

4歳になる娘ですが、先日夜中に急に鼻がつまってしまいました。本人も呼吸がしにくくなり、眠れずグズリ始めました。寝る前までは特に風邪のような症状もなかったのですが、その日はいつもより少し冷えた夜でした。にもかかわらず油断して布団をかけていなかったからかもしれません。娘が寒いと言い始めたので急いで体を温めようと思いました。ネックウォーマーと靴下を履かせ、上半身を少し起こしてあげました。また、私の体温で少しでもと思い、私も一緒に横になりました。しばらく鼻がズーズー言っていましたが、少し経つと娘もようやく眠ってくれました。2時間ほど経って靴下だけは脱がせて寝かせました。翌日、ひどくなるのを心配していましたが起きた時には鼻も通り、特に鼻水が垂れることもなく元気になっていました。だいたい鼻水が出始めるとなかなか止まらずかわいそうですが、今回はすぐに体を温めたことで鼻のつまりが治ったようでした。
娘がまだ小さいころもよく鼻がつまりズーズー言っていました。新生児のころは少し乾燥するだけでも鼻が詰まるようで、加湿してあげるとよくなりました。それも加湿器では間に合わず、キッチンに行き鍋にお湯を沸かし出来るだけ水蒸気が上がるそばでしばらく抱っこしていると大抵よくなっていました。
また、鼻の入り口あたりに粘り気のある鼻水が固まっている時は母乳点鼻薬がいいと聞きましたが、スポイドを使うのは少し心配だったので、綿棒に母乳をたっぷり染み込ませて粘膜に塗るように鼻をとってあげるとスッキリしていたようでした。
最近、試してみたものの中に玉ねぎのスライスがあります。初めて試した時はスライスした玉ねぎを枕元に置くと少し楽になったようでした。ただ、そのあと微熱など少し症状があった時に試すと嘔吐してしまいました。玉ねぎの成分のせいなのか熱や咳からくる嘔吐かわかりませんでしたが、2回ほど続いたのでそれ以来玉ねぎを使うことはしなくなりました。